面接が受かりやすい理由

ピンサロは風俗求人の中でも比較的働き始めやすい業種になります。
その理由は面接に滅多に落ちないからです。

ピンサロは他の風俗と比較しても面接が受かりやすい業種になります。
ソープランドやデリヘルになると面接の際には顔やスタイル、コミュニケーション能力などを見られます。
ですから人によってはなかなか面接に受からないということもあります。

しかしピンサロの場合は顔やスタイル、コミュニケーション能力は重要視されません。
なぜそういったものが重要視されないのかというと、様々な理由があります。

まず理由のひとつとして挙げられるのが「店内が暗い」という理由があります。
ピンサロはどこのお店も薄暗いです。そのためあまり顔が見えないです。
そのため顔やスタイルも接客の際にはあまり見られないので、重要視されないのです。

またお店には大きな音で音楽が鳴っています。
音楽が鳴っているので男性客と会話する必要もありません。
会話する必要がないということはコミュニケーション能力も必要ないということになります。

このようにピンサロは他の業種と比較しても特徴があるのです。
また特徴のひとつとして「花びら回転」や「マンツーマン」があります。
花びら回転やマンツーマンというのはピンサロの働き方です。これはお店によっても違います。

花びら回転の働き方は男性客ひとりに対し時間内に女性が2人~3人で接客するというものです。
マンツーマン方式は男性客ひとりに対し時間内まで1人の女性で接客する働き方になります。

これはどちらが良いというのはなく、それぞれ働きやすい、働きにくい好みがありますので、自分が働きやすいスタイルを見つけることが重要です。
花びら回転のお店、マンツーマンのお店によっても給料形態は変わってきます。
花びら回転の場合は歩合制で、マンツーマンの場合は時給制の場合が多いです。
マンツーマンは時給制ですが、指名されることによって指名料が時給にプラスされますので、人気が出ればそれだけ給料も高くなります。

テクニック

風俗求人は高収入ばかりですが、歩合制の場合がほとんどです。
ですから接客をしないと給料が発生しません。
ピンサロの場合は歩合制のお店もあれば、時給制のお店もあります。
安定して稼ぎたい場合は時給制が良いですが、指名される自信があり高収入を稼ぎたいという場合は歩合制の方が良いです。

しかし高収入を稼ぐためには、たくさん指名されて効率良く稼ぐ必要があります。
その指名されるコツとしてはまず手コキやフェラチオのテクニックを磨くということです。

テクニックというのは人によっても違います。テクニックが上手い方が指名されることも多くなり、リピーターも増えます。
ここではそのテクニックについて説明していきます。

手コキのコツとしてはまず、スピードに緩急をつけるということです。
緩急をつけることによってより男性客は興奮を感じます。
しかしフィニッシュする際には緩急をつけずに、一定のリズムで動かすことが大事です。一定のリズムを続けている方が男性は射精しやすくなります。

こういったちょっとしたコツだけでも指名されるコツになります。

フェラチオのコツは、男性が感じる場所を理解しておくということです。
女性からすると、男性器というのはどこも一緒のように見えますが感じる部分というのは大きく違います。
主に裏筋、亀頭、玉袋の3つのポイントが大きく快感を感じる場所になります。

それから責め方も大切になります。
フェラチオをする際にはまず順番というものがあります。その順番を守るだけでも気持ちよさというのは大きく変わってきますので抑えておきたいポイントです。

最初はまず感じやすい裏筋を舌先で軽く舐めます。この場合は強くではなく優しく舐めるのがポイントです。
それから玉袋を舐めたり、触ったりして刺激します。
これを行っていると男性器が少しずつ大きくなってくるので、手コキを行いながら男性器を勢い良く吸い込みます。
吸い込む際には唾液を多く含むのと音を出すのもポイントです。
快感が高まってきたら、射精するまであと少しですので、手コキとフェラチオを続けて射精に導きます。
この手コキとフェラチオのテクニックを磨くことによって、ピンサロで指名されることも多くなり高収入を稼ぐことができます。